EPAっていったい何?DHAとの効果の違いは?

最近、「DHA/EPA」というサプリメントがよく売られていますね。

DHAというのは魚に含まれていて頭に良い成分ということを知っている人は多いと思いますが、EPAはまだ馴染みがないかもしれません。

EPAというのは「エイコサペンタエン酸」とも言い、DHAと同様に魚の脂に豊富に含まれる必須脂肪酸です。

DHAが脳や神経に存在する成分で、脳の機能を高めて記憶力や学習能力を向上させる働きがあるのに対し、EPAの効果は主に血管の健康に寄与する、という点にあります。

赤血球の細胞を柔らかくすることで赤血球の変形を防ぎ、血液をサラサラにしてくれるのです。血栓もできにくくなるために、心筋梗塞などの生活習慣病の予防効果が期待できます。

また、それ以外にも精神を安定させてうつ病などを防いだり、アルツハイマー予防にも効果があるとされています。

血管の健康だけでなく心の健康も保ってくれるEPAは、DHAと同様にサンマやサバなどの青魚に多く含まれていますよ。

EPAを摂取してサラサラ血液を手に入れよう

EPAとはエイコサペンタエン酸と呼ばれる脂肪酸のことです。主に青魚を食べることで体に取り入れることができます。

この成分には健康にいい効果が沢山あります。

血液をサラサラにしてくれるので動脈硬化の予防や改善に導いてくれるのはもちろんのこと、中性脂肪を減らしてくれます。これはダイエットにも効果があるということなので女性には嬉しいです。

そして意外なことにEPAは炎症やアレルギーを改善してくれる効果もあるんです。

アレルギーの原因物質を抑制するので、アトピー性皮膚炎や花粉症などの辛い症状に効くと言われています。

肌質の改善になるので美容のためにもおすすめの成分です。

ですが毎日魚を食べるのはとても大変で、いくら体に良いと言われても定期的にEPAを摂取することは難しいのでサプリを飲むことでその問題を解決することができます。

サプリで飲む場合はソフトカプセルが多く、酸化すると効果があまり得られなくなるので気を付けて下さい。

EPAは様々な成人病の原因物質を抑制してくれるのでガンの予防にも効果的です。

毎日積極的に摂取して健康の為に役立てましょう。