EPAを摂取することでもたらされる驚くべき健康効果

EPAを摂取することでもたらされる驚くべき健康効果 EPAはエイコサペンタエン酸と呼ばれる必須脂肪酸で、青魚に多く含まれる成分です。

血液を固める血小板の働きを抑制する効果があるため、血液がサラサラになり高血圧や動脈硬化、脳梗塞、脳卒中、そして血栓防止の対策として期待が持てます。中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きもあるため、この作用も血液をサラサラに保つ要因の一つになっています。また、赤血球を柔らかくする効果もあるので、毛細血管の末端まで血液を送ることができ、全身にくまなく栄養素を送り届けることができます。

もう一つ見逃せない効果が抗ガン作用です。ガン促進因子の一つであるアラキドン酸の合成を抑えることができ、その結果としてガンの増殖を抑えます。

更には血液サラサラ効果も相まって、ガン細胞が血管に付着するのを防ぐため、ガンの転移防止にも一定の効果を得られます。

また、EPAの一部が体内でDHAに変換されることが知られており、EPAを摂取することでDHAがもたらす記憶力の向上や視力の回復などの効果も期待できます。

EPAを過剰摂取してしまうと、出血時に血が止まりにくくなるというデメリットもありますが、それを遥かに凌ぐ大きなメリットを私達の体にもたらします。

お肌の調子が悪い?そんな時はEPA!

尋常性乾癬という病気をご存知ですか?肌の色々な箇所が赤くなり鱗(ウロコ)のようになる病気です。

名前はあまり聞かない病気ですが、欧米では多くの方が悩まされている病気で、食事や生活習慣の欧米化に伴い、日本でも近年患者さんが増加していると言われています。

尋常性乾癬の治療方法としては赤くなっている患部に塗る塗り薬や、紫外線をあてる紫外線療法などがあります(日焼けをすると良くなる場合があるという事で、お散歩や夏であればプールや海に行く事も効果があると言われています)が、EPAという栄養素を摂取する事も効果があると言われています。

EPA(エイコサペンタエン酸)とは、ω-3脂肪酸の一つで、魚油食品・肝油・ニシン・サバ・サケ・イワシ・ナンキョクオキアミなどに多く含まれています。

一時期、「頭が良くなるサプリ」と言われて話題になったDHA(ドコサヘキサエン酸 )と一緒になっているサプリメントも多いため、知らず知らずのうちに自分が飲んでいたサプリの中に含まれているかもしれませんね。

このEPAには、お肌の調整を整える効果があるため、尋常性乾癬にも効果があると言われています。最近、どうも肌の調整が悪いなあ…と思われている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。