オメガ3のDHAには色々な働きが期待できます

DHAとEPAは同じオメガ3ですが、体内でDHAからEPAに変化したり、EPAからDHAに変化します。

この2つの成分は同じ働きに思われますが、それぞれ特徴や働きに違いがあります。

EPAは目や脳に届くことが出来ませんが、DHAは届くことが出来ます。脳にある血液脳関門と網膜にある血液網膜関門は、限られた成分しか通過出来ませんがDHAは通過出来るので、目や脳に働きかけが出来ます。

また、血中コレステロールを下げる働きは、EPAよりもDHAの方が優れています。

 

これらの色々な効果が期待出来る、DHAを摂取するには青魚が良くて、特にサバやマグロ、カツオなどに多く含まれています。

DHAは熱に弱い特徴がある為、効率的に摂取するには刺身などの料理が理想的です。

特に揚げてしまうと栄養価がかなり下がるので、生が苦手な人は焼き魚か缶詰などがおすすめです。

青魚が苦手な人や、継続的な摂取が難しい人には、DHAのサプリを使用するのが効率的です。

また、DHAとEPAを同時に摂取するのは効果的なので、サプリを使用する場合は両方が配合されているタイプがおすすめです。

青魚を直接摂取する場合には、DHAとEPAが両方含まれているので、どちらかが不足するという心配はありません。

DHAとEPAと言えば、お魚です。

健康な人は、魚料理を良く食べます。健康づくりには、欠かせない食材です。

DHAの働きは、脳細胞を作るのに必要なので、歌にもありましたが、魚を食べると頭が良くなります。

魚には、疲れをとってくれるし、血液をサラサラにして、視力がアップするタウリンも入っています。

肉だけでなく、魚からも、タンパク質がとれます。

骨を丈夫にする、カルシウムまで入っていて、万能食材です。

EPAには、コレステロール値や脂肪を減らす働きがあります。

太り気味の人は、魚料理にした方がいいと思います。

健康診断で、良い数字が出るはずです。

わたしの夕食のメニューは、ごはん、さんまの塩焼き、大根おろし、茄子のピリ辛炒め、トマトと玉葱スープです。

完食できるように、わざと少なめに作っています。

満腹にすると、内蔵が動きまくるので、負担が掛かります。

わたしは、魚にしてから、風邪ひとつ、ひきません。

記憶力もアップしてると思います。

DHA,EPAは、毎日、摂取しましょう。

DHAが脳に良いと言われる理由

DHAと聞くと、脳に良い成分というイメージが強いですよね。

特に記憶力に効果的な印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

では、実際DHAがどのように脳に良いのかを見ていきたいと思います。

さて、DHAは実は脳の細胞の一種なのだと言われています。

その中でも特に、記憶力などに関係する海馬には他の脳の部位と比較しても、約2倍ほどのDHAが存在しています。

ですので、DHAは脳の栄養素とも呼ばれているのです。

俗にいう頭の良い人というのは、海馬に含まれてるDHAの量で決まるといえるでしょう。

ですので、DHAを摂ることにより、記憶力の向上にも繋がりますね。

また、DHAは頭を柔らかくしてくれる効果もあります。

よく頭の柔らかい人、硬い人といった表現をしますよね。

DHAが脳に入ることによって、脳の伝達性を高めてくれる作用を促します。

頭が柔らかくなることによって、物事を柔軟的に捉えられるようになりますからね。

以上のような理由から、DHAが記憶力など脳に良いと言われているのです。